母乳量を増やす記事一覧

母乳の出は体質にも左右されますが、実は「意識」にもかなり左右されます。精神論なんて……と感じるかもしれませんが、これは客観的な事実です。中国でのとある事件より中国では、俗に言う「メラニン入りミルク騒動」が起きた事があります。これによって多数の赤ちゃんが亡くなってしまいました。そしてこの騒動を受けて、多くのママが母乳育児に変更していく事になったのです。ちなみにそれまでの中国では、母乳育児を行っている...

母乳不足を疑ってしまう理由は何なのでしょうか?案外根深い問題があるので、じっくり解説していきます。母乳を神格化しない事が大切「母乳育児」と聞くと、以下のような連想をするのではないでしょうか。・そのままでも母乳が乳首から出てきて、ブラジャーが濡れる・胸が常に重くて、授乳せずにはいられないレベル・いっぱい母乳を飲んだら、幸せそうな表情ですぐに眠る・赤ちゃんの体重がどんどん増加していってくれるなど、いか...

助産師が施す乳房マッサージは基本的にはかなり痛いものです。しかし、中には痛くない乳房マッサージもあります。普通はかなり痛いのですが……通常の乳房マッサージでは、硬く紫に腫れた部分などに直に触れて乳腺体を揉む事になります。しかも容赦なく揉みますから、うめき声をあげるママもいるようです。ですが、痛みがほとんど無い乳房マッサージもあります。涌谷式乳房マッサージは痛くない「涌谷式乳房マッサージ」ならば、ほ...

それまで順調に母乳で育てる事ができていても、3〜4ケ月頃からいきなり「母乳が足りないのでは?」と疑いたくなるような状況に陥る事があります。その要因は何なのでしょうか?体重が増加しない要因は?それまでに問題が無くても、3〜4ケ月頃から体重の増加量が落ちる場合があります。もちろん、母乳が足りない事が要因の場合もありますが、他にも考えられる要因は色々あります。主なものは以下の通りです。・夜に良く寝るよう...

母乳育児に取り組むのであれば、栄養をきちんと摂る必要があります。どのようなメニューが相応しいのでしょうか。和食がベスト和食が最適です。なぜなら和食には以下のような特徴があるからです。・脂っこくない・糖分が控えめ・汁物・煮物が豊富・野菜を食べやすい・ダシが味付けのメインであり、塩分が控えめ野菜の摂取方法野菜をそのままミキサーにかけるようなジュースならば確かに簡単に野菜を摂れますが、身体が冷えるので、...

葉酸は、母乳育児や赤ちゃんの成長には欠かせない成分です。母乳作りを促す葉酸には母乳作りを促す作用がありますし、それ以外にも胎児や妊婦にとって良い作用があります。実際、厚労省も葉酸を摂るように推奨しているほどです。葉酸は非常に大切です葉酸は母乳育児をサポートしてくれる栄養分でもあるわけです。ですから、葉酸には「妊娠前〜母乳育児終了」という非常に長い期間付き合っていく事になるのです。葉酸の具体的な効果...

たんぽぽの根には母乳の生成量を増やす作用があります。ここでは、その事ついて詳しく紹介していきます。血流が良くなるたんぽぽの根には、血流を良くする作用があります。母乳の材料は血液ですから、母乳の生成量も増えるのです。身体を温める身体を温める作用もあります。身体が冷えると母乳の出が悪くなりますし、出産や妊娠もしにくくなるので、たんぽぽの根はかなり役立ちそうですね。医療機関でも使用されていますたんぽぽの...

外部と内部から身体を温めると母乳の出が向上すると言われています。ここでは、そのための方法を紹介していきます。基本方針まず、体温が下がると母乳が出にくくなりますので、それを念頭に置いてください。身体を温める事が基本方針となるのです。どんな食べ物が良いのか?だいたいの基準として、夏野菜は体温を下げ、冬野菜は体温を上げると言われています。具体的に摂るべきものは、カボチャ、カブ、長ネギ、レンコン、ユリ根、...

原則として、水分をたくさん摂れば母乳の出は向上します。お汁粉、味噌汁、野菜ジュース、青汁などを飲めば栄養摂取もできるので、場合によっては検討してみて下さい。また、冷たい飲み物は体温を下げるので、温かい飲み物の方がお勧めです。血流が促進され、母乳の出が向上します。ちなみに、韓国や中国の出産後のケア施設では、ワカメスープや、鶏がらのテールスープが毎回の食事のメニューに入っているそうです。体質を良くして...