授乳中のお役立ち情報記事一覧

母乳で赤ちゃんを育てているママ達は、体内の栄養分の多くを母乳生成のために使用しているという事になります。さて、とある調査によると「授乳期間中に避けるべき栄養素」については、ママ達の80パーセント以上が知っているというデータがあるそうです。しかし、反対に「摂るべき栄養素」に関しては2割前後のママ達しか知らなかった、というデータがあるようです。ここでは、授乳期のママ達が摂るべき栄養素とその働きについて...

まず「カフェインフリー」と表記されたコーヒーでも、実際にはわずかにカフェインが入っている事が大半のようです。ただ、通常のコーヒーと比較すればもちろん大幅に安全です。しかし、だからと言って、カフェインフリーのコーヒーならば授乳期間中でも無制限に飲んで良いという事になるのでしょうか?ママ達の体験談コーヒーを良く飲むママ達の経験談をご紹介します。・カフェインフリーとは言え、通常のコーヒーとテイストの差は...

ここでは、授乳の際の乳首の痛みの要因とその解消方法などについて解説していきます。痛みの要因は?まず、乳首が痛くなりやすいのは、・出産〜2ケ月程度まで・生後半年程度〜とされています。まず生後2か月程度までは、母乳を飲むこと自体に慣れていません。そのため、ママの乳首に負荷をかけてしまう事が多いのです。そして、生後半年程度になると乳歯が生えてきます。この乳歯が乳首に軽度のダメージを与えるのだと言われてい...

ここでは、母乳を飲ませる際の痛みや傷について説明していきます。どうすれば、それらを解消する事ができるのでしょうか。乳首の痛みの要因は?まず、単純に「授乳に慣れていないから」という要因が考えられます。平均して2週間〜1か月程度で慣れて、痛みをほぼ感じなくなる場合が多いようです。その他にも「赤ちゃんも乳首を吸うのに慣れていないから」ですとか「ママ側の乳首に問題がある」などの要因が複合的に絡み合っている...

ここでは、妊娠・授乳期間中の喫煙について解説していきます。「喫煙=全面的に悪い」と決めつけがちですが、それほど単純な話では無いようです。妊娠中の喫煙妊娠期間中に喫煙して、胎児がいる羊水にニコチンが入ってしまうと、そのままずっとニコチンに侵される事になります。それによって、以下のような事態を招く場合があります。・低体重・破水が早まってしまう・胎盤の剥離が早まってしまう・前置胎盤もちろん、喫煙していな...

ママがカフェインを摂取すると、赤ちゃんにはどう影響するのでしょうか。ママの体内では?カフェインのみならず、ママが摂ったものは母乳に入っていく事になります。そして、コーヒー等でカフェインを摂った際は、およそ1時間〜2時間半程度で、母乳の中にカフェインが入る事になります。また、ママの身体の中のカフェイン量が50パーセント以下になるには、およそ5時間程度掛かります。カフェインが身体の中から抜けるには意外...

ここでは添い乳の方法と注意事項について解説していきます。添い乳とは?ママも赤ちゃんも横になって母乳を飲ませる事を「添い乳」と言います。疲労しているときや、夜中の授乳の際に向いています。そのまま赤ちゃんが眠ってくれれば、起こさずに自然にママ側が離れる事が可能です。ちなみに添い乳が可能になるのは、2〜3ケ月頃、つまり首が安定してきてからです。具体的な手順やや横向きにして赤ちゃんを寝かせます。そして、赤...

ここでは、搾乳にて母乳を効率よく出す方法を紹介していきます。搾乳の利点赤ちゃんに母乳を飲ませる事により、その分母乳が生成されていくわけですが、適切に搾乳を行えば、同じくらいに母乳を作っていくことが可能です。また、方法次第では生成量をアップさせる事もできます。授乳に近い状況を作り出すやはり、本当に授乳した方が母乳が作られやすい事は確かですし、何回も母乳を飲ませた方が良いとされています。ですから、搾乳...

母乳を飲ませている際に、乳首が切れてしまう場合がありますが、要因としてはどんなものが考えられるのでしょうか?母乳育児の初期母乳育児の初期においては、以下ような事が要因である事が多いです。@乳首の肌がまだ薄く、吸われる刺激に慣れていないから。A姿勢など、母乳の飲ませ方がまだ安定しておらず、乳首に負荷がかかっているから。B口がまだ小さいせいで、乳首を引っ張って母乳を飲んでいるからC乳管が開きがまだ甘く...

授乳期間中でも、体調によってはママが薬を飲まなくてはならなくなる場合があります。そのような際は、授乳を続けても良いのでしょうか。また、授乳を中断するのであれば、どんな事に気を付けるべきなのでしょうか。授乳を中断すべきなのか医師や薬剤師によって色々と意見が分かれているため確実な事は言えません。ただ、授乳期間中という事なので、赤ちゃんへの影響を極力抑えた薬を出してくれる事が多いようです。ですが影響をゼ...

添い寝をしながら母乳を飲ませる事を「添い乳」と呼びますが、添い乳をする際にはどんな事に気を付けるべきなのでしょうか。添い乳の利点赤ちゃんとママが一緒に寝たまま母乳を飲ませます。利点は「ママ側が疲れにくい事」と「赤ちゃんをそのまま眠らせられる事」です。添い乳の順序正しい方法を抑えて、安全に添い乳を行いましょう。@赤ちゃんと向かい合いながら横になります。そして、赤ちゃんは横を向いた状態にして寝かせます...

添い寝をしながら母乳を飲ませる事を「添い乳」と言います。そして「癖になるから添い乳は控えるべき、それに虫歯に見舞われやすくなる」という噂があるのですが、これは真実なのでしょうか?添い乳の利点は?添い乳の利点は、赤ちゃんもママもそのまま眠る事が可能だという点です。さらに、抱きかかえない分、ママ側が疲れにくいという利点もあります。しかし、冒頭の噂が本当ならば困りますよね……?噂は噂でしかありません2歳...

ここでは生後1〜3か月までの授乳ペースと飲ませる量について解説していきます。生後1か月この頃はとにかく何度も母乳を飲ませる事になります。1〜2時間に1度以上になる事も珍しくありません。何度飲ませても支障はないので、飲みたがるだけ飲ませて構いません。母乳が足りないのであればミルクを飲ませる事になりますが、ミルクの方がお腹が減りにくくカロリーが高いので、やや時間をおきましょう。ミルクに関しては際限なく...